株式会社ティエス都市開発

マンション経営
Apartment business

大負担増時代-社会の変化に対する
「マンション経営」
という選択

様々な費用負担だけが右肩上がりの予測は現実化の一途をたどっています。
限られた収入のなかで資産をどのように運用すべきか。
必要と関心から生まれた投資(資産運用)の一つとしてマンション経営が注目されています。

資産運用の新しいカタチ
「マンション経営」

住むためではなく、貸すためにマンションを手に入れる。
購入したマンションを賃貸し、その家賃収入で月々のローン返済を行う。
マンション経営は、それまでと変わらない生活を続けることができる有効な資産運用の手段のひとつです。
不動産投資の中でもマンション投資をおすすめするのは、 高い安全性、長期に渡る安定収入の確保など、有効な資産運用だからです。

マンション経営の特長

長期安定収入

物件次第では空室リスクも軽減され家賃収入の長期安定化に期待できます。

高い利回り

低金利の定期預金と比較して高い利回りを見込めます。

生命保険代わり

万一の場合にもローン残金は保険金で弁済され、家族に財産を残せることになります。

節税対策

マンション経営で負担した費用は必要経費として申告が可能であり、所得税や住民税で節税効果が得られることがあります。

インフレに強い

物価の上昇(インフレ)時、現預金や債券、他の金融商品と違い、不動産の表面価格や賃料の表面金額は貨幣価値の動向に連動する場合があり、インフレに強いと言われています。

レバレッジがかかる

レバレッジ効果の高い投資商品は総じてハイリスクですが、マンション投資では家賃収入が得られるため、少額な自己資金と賃貸マンションローンを併用頂くことで、毎月の家賃収入でローンを返済し、収益物件としての資産ができます。

CONTACTお問い合わせ

マンション資産運用、各種資料請求、購入に関するお問い合わせ・ご質問などはお気軽にご連絡ください。